ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想/レビューを書いています。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

ブランド「Lusterise」より2022/07/29に発売された
「光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン」の感想記事になります。

外伝シリーズ2作目。
今回のメインヒロインは原典でパッケージを飾ってない
エクスティア・フローラこと天久保百合。

内容はエクスティア3で敵を倒した後の話。
原典をプレイせずに楽しめるかは、原典の天久保楓の立ち位置させ履修しておけば大丈夫です。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

最初の感想



最初の感想は弱ッ!

天久保百合は開発者であり正規戦闘員でないのはわかっていましたが、
原典で戦闘もエロシーンもあるのだからある程度戦えるのだろう。

と思っていたら変身しても敵に攻撃を当てられないは
運動神経が滅茶苦茶悪いはで大丈夫かと思ったところ。

創真の助けを借りればなんとか戦えますが変身ヒロインとしてかなり珍しいですね。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

ゲーム傾向



ゲームの進行は殆どパラレル1と同じ。
というより多分エクスティア本編の進行に近いのでしょう。

怪人が登場したら戦闘、選択肢を間違えたらバッドエンドという流れ。

因みに登場する敵は(若干用法が異なりますが)再生怪人です。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

パラレル1と違うのは、一番最後のバッドエンド以外で日常シーンがほぼ描かれないことでしょうか。
エッチシーンが連続してゲームオーバーといった流れ。

そのバッドエンドも段階を経るもの経ないもの様々で、
パラレル1に比べたら普通の変身ヒロインモノっぽいゲームシステムですね。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

台詞回しが面白い



原典のハッピーエンドから二年後の話しとなり、
主人公の創真も原典のメインヒロインである葛城真理奈と婚約までしています。

ただエクスティア2のヒロインであるリースを『恋人』としているので
原典をプレイしてないとこの辺りの人物関係がわからなくなったりはします。
まぁ本作では関係ない話ですけど。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

で、まぁ消費したエネルギーを回復する方法がエッチであるため、
婚約している男性と別の女性がセックスするという状況になります。

パラレル1は敵に敗北しない限りエッチシーンが再生されない形式になっていたので、
ストーリー進行でエッチシーンがあるのは同じ外伝でも違っていて面白いところ。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

ふたなり要素



して、ふたなり要素はあるにはありますがメインとして捉えない方がいい感じです。
一応、計3回。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

ふたなり好きな自分から見ると、
ふたなりシーンより他のシーンや悪堕ちシーンの方が興奮したかなと思うところ。

特に最後の悪堕ちバッドエンドなんてハッピーエンドより遥かに作り込んであります。

普通逆でね?
※因みに上記SSは最後の悪堕ちエンドのものではないです。

【変身ヒロイン】光翼戦姫エクスティアF パラレルエピソード2 リユニオン 感想レビュー

パラレル2に関しては(あくまでファンディスクとして当然と前置きし)
完全に原典から地続きの内容であり、エッチシーンもそれ用に作ってあります。

原典から完全に分離した1、原典を大幅に改変した3と違って
原典をプレイしてないと興奮度の下がる場面がそこそこあります。

それでもイラストは大変エロいので、イラスト目的なら全く問題なし。
そしてプレイ後には原典をやりましょうというお話ですね。


【追記】
2023年07月28日にDLsiteでも取り扱いが開始されました。
通常版とドラマCDの特典付き版があるのでご注意ください。

個人的オススメは設定資料の付属しているコンプリートエディションです。
なお設定資料は通常版にもついています。(特典版はドラマCD)