ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【ふたなり】CREATURE HUNTER(クリーチャーハンター) 感想

【戦闘エロ】CREATURE HUNTER(クリーチャーハンター)

サークル「あるめろソフト」さん制作のCREATURE HUNTER(クリーチャーハンター)。
因みに発売日は2014年7月で、この記事自体は次作リリムドライブの前座として書いてるもの。

個人的に思う、戦闘エロ界隈でNo.1の戦闘エロシステムを誇る作品。

【戦闘エロ】CREATURE HUNTER(クリーチャーハンター)

戦闘エロシステム



この作品は戦闘エロ全振りです。
戦闘エロ以外のHシーンは一切ありません。だがそこがいい。

クリーチャーハンター発売当時の戦闘エロ界隈は、
バトルファックを除けば敵は通常攻撃とエロ攻撃を持っているのが普通でした。

しかしこのゲームは違う。
バトルファック物ではないですが敵はエロ攻撃しかやってきません。
逆に味方は通常攻撃しかありません。

敵にエロい攻撃はしないけど、敵からはエロい攻撃しかされない。
これが当時は中々新鮮なシステムでした。

【戦闘エロ】CREATURE HUNTER(クリーチャーハンター)

怒涛の状態異常変化



状態異常として搭載されているのは服の状態や発情、噴乳、ボテ腹といったもの。
そしてサークルさんの趣味として全力でふたなりに振っています。

個人的に気に入っているのは戦闘中ですらボテ腹になり出産してしまう状態異常変化速度。
このゲームでは戦闘中ですら問答無用で出産させられますし、出産のダメージはかなりでかいです。

通常は中出し~出産までの間に自分の行動は3回ほど挟めます。
アイテムに避妊薬等あるので対処も可能です。
序盤は割と敵の攻撃も大人しめで対処も容易です。

中盤のボスになると状況が一変。
ボスの攻撃に「即出産させる」技があるので、中出し→即出産攻撃→出産といういコンボに呑まれます。
そして出産すると自分の行動を1つキャンセルされるので回復薬を使おうにも出産させられて、となり
回復も攻撃もできないまま孕ませられまくって敗北する。
という素晴らしい状態エロの連鎖が見られます。

【戦闘エロ】CREATURE HUNTER(クリーチャーハンター)

序盤の難易度はそれなりに高い



難易度ノーマルで進める場合ですが、序盤はそれなりに敵が強いです。
ただ素材を集めて装備を強化するタイプのゲームなので、敵を無視して素材だけ集めて装備を強化することもできなくはないです。
強化した装備を身につけるのにコストが掛かるので、レベルを上げてコストに余裕を作る必要はありますが。

そして装備が充実してくると味方の取れる行動もかなり増えるので相対的に難易度が緩くなります。
この緩くなるまでの間に何度も犯されてエロエロな状態になるのがまた良い。

また難易度はイージー、ノーマル、ハードで変更可能なので、イージーで装備を整えてハードに挑むのもありです。

【戦闘エロ】CREATURE HUNTER(クリーチャーハンター)

総じて戦闘エロは素晴らしい。ただし



クリーチャーハンターは怒涛の戦闘エロが楽しめるので、戦闘エロ好きなら満足できること請け合いです。
ただ独特な絵柄と時々人体のパースが崩れるので、そういうとこ気にする人はちょっと手が出にくいかもしれません。