ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【戦闘エロ】粛清のサファイア プレイ感想

【戦闘エロ】粛清のサファイア

発売日は2020年6月20日
サークル「破顔研」さんより発売の戦闘エロ特化ゲーム「粛清のサファイア」

戦闘エロ特化RPGとして、マップの自由移動はなく、
場所選択と戦闘を繰り返すタイプのゲーム。

そして戦闘エロ特化の名に恥じない拘りの戦闘エロ表現が特徴。

【戦闘エロ】粛清のサファイア

ゲームシステム



人間の精気を糧とするモンスターが住み着いた学校を舞台に、
昼は臨時の保険医、夜はラバースーツに身を包んでモンスターと戦う始末屋として活動します。

昼のパートは成長要素の解放やスキルの付け替え、感染した学生の治療。
夜はモンスター退治に戦闘を行います。

【戦闘エロ】粛清のサファイア

戦闘システム



戦闘はターン制のコマンド選択式。
予めセットした9つのスキルから最初期はランダムで5つ選択され、敵の攻撃に合わせて行動を選んでいきます。

因みに敵の攻撃は全て見えているので、こちらのスキル選択が運頼みになることは基本的にありません。
状態異常で麻痺を食らっている時以外。

よってターン開始時に敵が選択する行動とプレイヤーが実行可能なスキルは運ですが、それ以降は頭脳戦になります。
この点を理解していれば難易度はそれ程高くなく、適当にやって勝てるわけでは有りませんが、
敵の攻撃を如何にして無効化するかを考えれば苦労はしません。

故に戦闘エロ物として、ワザと敵の攻撃を喰らわなくて良いのは非常に良いです。
まぁ真面目にやるとエロ拘束攻撃を全部潰すため、終盤でエロい目に遭うことはほぼ有りませんが…。

【戦闘エロ】粛清のサファイア

戦闘エロ特化



このゲームのエロ要素は戦闘中のエロと、敗北後のエロの2種。
エロ中にテキストが表示されることは一切なく、全て音声で処理されています。

その音声も非常に豊富で、攻撃を受けた時の喘ぎ声、胸やお尻を攻撃された時の違い、
口を塞がれている場合のくぐもった声、ターン開始時の独白と場面に合わせて臨場感を高めてくれます。

戦闘中は敵の拘束スキルを喰らうことで拘束状態になり、以後の攻撃がほぼエロ攻撃になります。
モンスターはスライム、肉壷、人型、触手と形態の違った4種に強化形態3種の全12種類。
人型は腹パンなどのリョナ技を持ち、
それ以外にも口、胸、膣、尻のどこを重点的に責めるかというスキル分けがされています。

【戦闘エロ】粛清のサファイア

割と豊富なアナル責め



最初期のモンスターはほぼほぼ膣への攻撃をやってこず、
ボスとなる触手モンスターが女陰にブラッシングしてくるぐらいです。

反面、尻は最初期から嬲られまくります。
ただ尻を嬲るにしても種類が多く、普通にピストンしたり周辺を愛撫するだけでなく、
尻穴拡張、尻肉に齧り付く、液体注入、アナル種付け、尻穴狂いと豊富。

この時の音声とSEも凝っており、
普通のピストンはゆっくり目のSEと喘ぎ声、
尻狂いは高速ピストンと高速で嬲られるような喘ぎ声、
尻穴拡張は単発SEと苦しそうな喘ぎ声
とスキルそれぞれに専用のパターンが存在します。

また開発度や残HPによっても反応が変わるので、いずれも臨場感たっぷりのエロさがあります。

クールな女スパイの容姿も相まって、
気の強い女はアナルが弱い的な印象もあり非常に捗ります。

【戦闘エロ】粛清のサファイア

敗北エロ



戦闘に敗北すると、モンスターに合わせた敗北エロに移行します。
通常モンスターは強化形態も共通なのですが、人型モンスターだけ3段階目は別の敗北エロになります。
ボスの触手モンスターは全形態別の敗北エロです。

この敗北エロも当然テキストはなく、敵の敗北エロ専用スキルとSEと音声で楽しませてくれます。
個人的に敗北エロで一番良かったのは人型の第3形態で「ぶっかけ」というスキル。

液体をぶっかけるわけですが、この時に上昇する値が「快感値」ではなく「被虐値」なのです。
被虐値とは腹パン等のリョナ攻撃を喰らった時(または種付けとか拒否したいことをされたとき)に上昇する値。

つまり敵の液体で汚される惨めな自分が嫌でも、もっと汚されたいと思ってしまってる状態。
素晴らしいですね。

【戦闘エロ】粛清のサファイア

戦闘エロ好きには非常にオススメ



プレイ内容としては単純に戦闘を繰り返すだけなので通常RPGと違い凝ったシナリオとかそういうのはありません。
しかしSEや喘ぎ声に拘り抜いた戦闘エロ表現は格別です。

欠点とすれば絵が多少残念な時があるぐらいです。
それでも前作の絵に比べたら非常に進化しています。

戦闘エロ好きなら購入して損することはないです。