ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

「ミルフィーユ/ぷちミルフィーユ」より2022年03月25日発売の
「燦然可憐エクセルシフォン」の製品版感想となります。

購入した感想、当ブログで扱うものとしては思ってたよりドストライクでした。
あと修正パッチは公式ページで配布されるので、バグが気になる方はそちらをチェック。

前作を見る限りではDLsiteなどは更新されないようです。

エッチシーンの傾向に関してはこちら
【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン エッチシーン傾向まとめ

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

ストーリー



ストーリーの大筋は、
ある日突然変身能力を授かった女子学生二人が
エッチな目に遭いながらも敵組織と戦っていくというもの。

変身ヒロインモノとしてとてもオーソドックスなやつです。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

ベルトスクロールアクション



ゲームとしてはADVパートとベルトスクロールアクションを交互にプレイする形式。
なおこのためかエッチシーンを除くADVパートの分量は少なめ。

アクション部分はゲームとしての爽快感と難易度の合わさったよく出来たものです。
プレイに特に支障を感じないので完成度は高い方かと。

シフォンの空中急降下キックである「ソニックシュート」がやたら強いので連発オススメ。
一応やろうと思えばドゥエリストも可能です。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

Hアニメ敗北エロ



エッチシーンは2種類あり、1つはアクションパートでのエッチシーンです。
アクションパートで敗北することで、そのままアニメーションを伴ったエッチシーンになります。

因みにですが、このゲームは大スチルの方に「ラスボス以外の敗北エロ」というのが存在しません。
ステージボスに敗北した場合はHアニメの方がそれを担当します。

このためエッチシーンの傾向が異なり棲み分けという部分でよくできています。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

大スチル敗北エロ



大スチルのエッチシーンは主にアクションシーンで残機がなくなると移行します。
絵柄は可愛く塗りも丁寧、流石は(一応)老舗エロゲーメーカー。

こちらは主に二人の少女が快楽に堕とされていく様が描写されています。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

エッチシーンの傾向



商品説明が盛大なネタバレを噛ましているのが非常に残念ですが、種類はかなり豊富です。
変身ヒロイン御用達の敗北エロから
・獣姦
・スライム
・ゴブリン
・ふたなり女戦士
・悪堕ち

などなど。
特に想像以上にふたなりシーンが多く大変満足。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

ルート分岐



またアクションパートにストーリー分岐があります。
例えば第2ステージのクリア条件に「次の駅に着く前にボスを倒せ」
とありますが、達成できなかった場合は強制敗北です。

しかしここでゲームオーバーになりません。
とある事情で再起し、再度アクションパートが発生します。

これでクリアしてもステージ2で敗北しなかった場合と別のエンディングになりますし、
道中で敗北したら勿論別種のエンディングになります。

このためゲーム全体のステージ数は少ないながらも
アクションシーンと敗北エロのバリエーションは豊富です。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

声優さんの演技問題



若干個人的な好みは入りますが、一応触れておきます。

ミルフィーユ作品は昔から割とおほ声系のものをやってます。
本作も例に漏れずんほったりおほったりします。

これ自体は好みの範疇なのですが、シフォンの声優さんの演技がね、
おほ声を通り越してラリってる感じになってるのですよ。

このためエッチなことを知らないキャラという設定からするとなんか変です。

ただ悪堕ちした場合の演技はハマってるので
エッチシーンの年齢的な演技の問題かなと。

【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン 製品版感想

総評:値段に見合った物量



ゲームの値段はちゃんとしたエロゲーメーカーなだけありミドルプライスですが、
作品内容としては作り込みとエッチシーンの物量も値段相応に豊富です。

特に個人的にはふたなりシーンが非常に多くて感無量。

体験版段階でのHアニメ数はこちらにまとめてあるので、それが3,4倍ぐらいになっていると思ってください。
【戦闘エロ】燦然可憐エクセルシフォン Hアニメ出し方まとめ