ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

製品版は買わないと書いたな、あれは嘘だ。

ブランド「WAFFLE」より2021年9月24日に発売されていた
「ふたなり潜入捜査セイカ 肉体改造教室、強制射精授業」の製品版感想記事になります。

ゲームのあらましは体験版記事に書いているのでそちらを御覧ください。
【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 体験版版感想

本記事は結局製品版を購入してどうだったのか。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

全体の傾向



体験版でも描きましたが、本作は
ベテラン原画家とベテランシナリオライターとベテラン声優を起用した、
文字情報だけで見ればそれはもうエロいことこの上ない作品です。

なのですが、実際のところはエロゲー批評空間でも触れられている通り「バカゲー」です。
著名な方々を起用してふたなりというニッチな内容に全振りしたのにバカゲーなのこれ? と。

と思われるかもしれませんが、まぁニッチさを突き詰めるとバカゲーになってしまうというものです。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

エロいのか



それはそれとして、じゃぁこのゲームはエロいのかと。
エロゲーならエロくて当たり前でしょう。
ふたなり好きならオカズにできて当然でしょう。

といったところで、私の評価をつけるなら10点中3点。
シーンが27個ある中で、私が少しでもエロいと思ったシーンが6個なので。

体験版の記事で書きましたが、体験版部分を過ぎると奇根のオンパレードになります。
以降は長根が当たり前になりますし、その上でニプルファックや複根もあります。

これにエロさを感じるならエロいですし、バカだと思うならバカゲー。
私にとってはバカゲー。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

ふたなり?



私が本作に感じているのは、果たしてこの登場キャラはふたなりなのかと思うところ。
絵柄としては完全にふたなり。
女性におちんちんがついている様は当然にふたなり。

では文章的な感覚はどうなのか。

これについて私が持っている印象は
男性同士ならBL、ふたなり同士ならレズのBLというもの。

このゲーム、体験版直後に全登場キャラが実はふたなりだったことがわかります。
主人公の琴葉 セイカ、敵役である鞠川 リーゼ、サブヒロインの見佑月 カノはまだしも
学園のモブ生徒全員がふたなりです。

それはそれで体験版のアナルオナニーで射精しなかったのに違和感がありますけど。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

して、授業で生徒全員にチンポオナニーさせるという場面があるのですが、
その際に鞠川 リーゼにズリネタを所望します。

その時のセリフが上。

巨乳の女教師がチンポのズリネタに対するオカズを提供するとしておいて、
生徒側はデカチンに興奮してセンズリかますという展開。

いや君らチンポを扱くなら女性の部分に目が行くのではないのかい? と。
因みに後の描写を見ると女性器に突っ込まれている時のことを想像しているようにも考えられるのですが、
多分それは2割ぐらいです。残りはチンポそのものに興奮してます。

本ゲームは女性器が関与しないシーンでは何故か女性器について殆ど触れません。


【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

先生の返答からしてこれです。
とりあえず
そこにチンポがあるから良いだろ!
というのを声高々に訴えられているような感覚。

といった具合に、本作のビジュアル面は確かにふたなりなのですが、
文章を読んでいる感覚では完全に(BL寄り)男子校です。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

バカゲー要素



そうしてシナリオを読んでいくと、もうエロさなんて言うのは殆ど感じなくなります。
※個人の感想です。

画面に映し出されるのはとにかくチンポ。
※女子のみを集めたクラスです。

主人公も潜入捜査として配属されておきながら、肉体改造されてチンポ狂いします。
フル勃起状態で自分の胸上まで来るようなチンポをデカデカと見せられオナニーに興じるさまは
これは本当に人間の物語なのだろうかと思うほど。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

そんな感想を抱いた私がエロさを感じるシーンは例えばこういうの。
主人公とサブヒロインにモブ生徒が群がり乱交。

モブ生徒たちの見せる普通サイズ(割とデカいけど)のふたなりチンポは本ゲームの清涼剤。
やはりふたなりチンポは大きすぎないものに限る。

因みにこれ以外にもモブのチンポが描かれているシーンはありますが、
そちらも主人公と女教師のデカチンが強調されているので好みは人次第。

【ふたなり】ふたなり潜入捜査セイカ 製品版感想

まとめ:突き抜け過ぎるとバカゲーになる



コラかな?
と思いたくなるような上記のような画像がよく出てくるのがふたなり潜入捜査セイカです。

エロさを感じられるかは人次第。

ただ、まぁ、本当に、あえていうと、

読み物としては

とても読みやすく面白い作品です。
興味のある方はぜひ、ベテランを集めて作ったバカゲーをお楽しみください

が、本作はDLsiteに置いてないので、似たような感想を抱いた作品を宣伝しておきます。