ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

サークル「らんばらんす」さんより2022年10月26日発売のこちらの作品。
ゲーム部分の完成度から結構色々なサイトで感想書かれてまして、
じゃぁゲームの基本的な部分は他のサイトさんを見ればわかりますよね。

ってなわけで、当ブログらしく本ゲームのふたなり部分にのみ触れていきましょう。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

ゲーム概要



ゲームとしては複数マップを自由に移動しながら課題をクリアしていく
オープンワールドタイプの自由度の高いゲーム。

エロシーンに関してはその辺で歩いている男性諸氏に接触したり、
朝の電車で痴漢されたり風俗で働いたり。

エッチシーンは大まかに2種類あり、
敵との接触で発生する立ち絵が変化するものと、
イベントシーンとして大スチルが用意されているもの。

なお大スチルのあるふたなりシーンは
(明確には)エンディングだけでした。
スライム娘の疑似チンポならありましたけど。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

赤淫魔メディーナ



して、本作には敵と味方の淫魔がおり、
敵である赤淫魔のメディーナがふたなり担当です。

メディーナは夜マップにて
腹上死してそうな男性オブジェクトに触れると出現します。

あとは通常の男性敵と同様、攻撃されると立ち絵エッチに突入します。
そしてこの立ち絵エッチは男性が行えるすべての体位に対応しています。

つまり尻揉みやクンニといった前戯から
後背位に駅弁、種付けプレスといった本番行為、
膣もアナルもキスもフェラも何でもござれ。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

昼の人間態メディーナ



では夜しかふたなりプレイができないかと言われるとそんなこともなく、
昼マップでも(戦闘はできませんが)至るところに出現します。

因みに私が最初に接触したのは地下水路のテント内だったのでビックリしました。
夜の肌黒淫魔と違って普通のお姉さんの容姿ですが、
こちらもすべての体位とプレイに対応しています。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

痴漢メディーナ



接触立ち絵だけかと思いきや痴漢もできますメディーナさん。

痴漢用電車にも確定で出現するため
一日一回メディーナさんの痴漢行為を受けに行けます。

なお痴漢用の体位も複数あるため、それらすべてに対応しています。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

唯一メディーナができないのは風俗店用の奉仕パイズリぐらいかと思われる。
ただギャラリーでは再現可能なため、
根気強く働いていればいつしか出現するのかもしれません。

その間に何人の男を相手にしなければならないのかという話ですが。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

初体験の相手



本作にはエロステータス画面もあり、各種初体験が記録されます。
初キスから初フェラ、初顔射まで。
前の処女に後ろの処女とぶっかけなどなど。

私は当然メディーナですべて埋めましたとも。

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

メディーナ以外



メディーナを特殊な存在にするためか「一般女性」という敵キャラはいませんが、
ボスに一体スライム娘がおります。正確にはスライムBBA?

【ふたなり】サキュバスのオーブ ~家出娘と二人の淫魔~ ふたなり感想

まとめ:



本ゲームはオープンワールドの自由度を元に、
マップに点在している男性モブに犯されまくるのがエロの真骨頂だと思われますが、
メディーナだけに絞れば高レベルのふたなりゲームとしても楽しめます。

欠点とすればイラストと塗りが独特なのでまず絵買いをされないだろうことと、
時々作画崩壊することですかね。