ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

サークル「WhitePeach」さんより1月31日に発売されました
「イドラの影~The Shadow of Yidhra~」の製品版感想になります。

同人界隈で珍しい銃主体のガチアクションゲームということで期待しておりました。
ゲームの大まかな流れは体験版記事を御覧ください。
【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 体験版感想

そんなものはいい、エロシーンを出せ!
という方はこちら
【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版 エロ感想

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

体験版から変わったこと



体験版から大きく変わったところは、敵がすぐリスポーンしなくなりました。
このため体験版で可能だった銃座での荒稼ぎとかはできなくなりました。

マップの移動でリスポーンする場所としない場所があり、
これがci-enで言っているシーンに該当するものかと思います。

一応これが発生する場所の近くでなら荒稼ぎはできます。
個人的に一番稼ぎやすいのは3つ目の敵拠点マップ。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

全体のボリューム



ゲーム全体としてのボリュームは多くもなく、少なくもなく。
大まかに4種類のマップがあり、敵の種類もゾンビ研究員にゾンビ犬、虫など様々。

何よりプレイヤーが使える装備が豊富で、
エロ方面より銃目的で買った自分としては大満足の内容です。

反面エロ要素では、現在の同人界隈での値段的ボリュームからすると若干少ないかもしれません。
ただこれは他の同人ゲームが異常なまでにボリューミーとも言います。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

ゲームバランス



体験版をプレイする前は雰囲気からゾンビサバイバルゲームかと思ってましたが、
実際製品版をクリアしてみると普通にガンアクションゲームです。

得てして(エロゲー界の)ゾンビサバイバルは主人公が非力で、
銃が使えるにしても弾の管理が大変で、難易度も結構高いものが多いです。

反面、本作は2段ジャンプにダッシュまで備えた超人主人公です。
プレイスタイルによりますが弾や回復薬が足りなくなることもなく、
回復アイテムは敵を倒せば一定確率でドロップする仕様もあり、
自分がゲームオーバーになったのはラスボス後の移動中だけです。

ラスボス後に死ぬってどういうこと?
というとこのゲーム、セーブポイントが非常に少ないのです。

ボス戦後や安全地帯にもないので、一段落したら取り敢えずセーブポイントに走る必要があります。
その道中にザコ敵がいたりするので、道中のセーブポイントの位置を確り記憶して、
一息つくため走っておりました。

そういう意味でプレイしにくいところはありますが、
全体のゲームバランスとして悪いことはないです。

一点を除き(後述)

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

ちょっとした攻略



まずクリアだけを目的とするなら、実のところ敵を倒す必要はありません。
ボス戦に向けて弾の確保は必要になりますが、
道中の雑魚的であればダッシュの無敵時間を使えばノーダメージ進行可能です。

ただ一箇所だけで遠距離攻撃をする敵がいるので、
その場合は無闇にダッシュしても回避できません。

敵の射撃はプレイヤーの現在地に対して行われるので、
敵が射撃する直前にジャンプなどして射線をずらすことが重要です。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

またボスもパターンが有り、覚えれば苦戦することはありません。
一応ラスボス以外直前にセーブポイントがあるのでトライアンドエラーは可能です。
※ラスボス前もセーブは可能ですが1マップ戻った場所にあるので気づきにくいです。

例えば最初のボスは至近距離が安全地帯です。
懐に飛び込んでナイフを振っていれば簡単に勝てます。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

また雑魚は基本的に上下が安全地帯です。
別の足場で縦軸を揃えれば手出しされなくなります。

銃で倒すなら上下どちらも、近接で倒すなら敵よりも下にいれば安全です。
ただし虫以外。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

不具合や気になる点



自分が一番遭遇した不具合は音声バグやSE関係です。
音声バグは文章と音声がちょっと違ってるならまだしも、
3クリック前のセリフが再生されたりしました。

またマップ移動したら敵の攻撃音声が再生され続けた場合もあります。
特にセリフに関しては唐突に文章と違うことを喋り始めるため臨場感が死にます。

あと体験版記事でも書いてますが文字が異様に小さいです。
エロシーンでもこの大きさなので読む気が失せます。

まぁエロシーンなら音声があるので良いのですけど、
研究員が残した資料とかもこの大きさのため読むのが辛いです。

幸いなことにゲーム内に暗号解読などはないので
全部読み飛ばしても詰むことはありません。

更にアイテムの効果説明が間違ってる部分もあります。細かい字なのに。
アイテムの説明を読むよりアイコンを見た方が効果は正しいです。

【ACT】イドラの影~The Shadow of Yidhra~ 製品版感想

で、一番の問題として、操作性にやはり難はあります。
端的に表現するとFPS方式なのです。アクションゲームなのに。
※因みに私はゲームパッドに無理やりキーを当てはめてプレイしています。

一応マウスを動かして照準を定め、クリックで射撃する2Dアクションゲームはあります。
ただそれらは、キーボードでは殆ど移動しか行いません。

しかしこのゲーム、キーボードでできることは
移動、ジャンプ、2段ジャンプ、ダッシュ、武器の切り替え1,2,3、
回復アイテムの使用、マップ内要素の使用キー、装備画面、ポーズ画面
と非常に多くあります。

そして、キーコンフィグがありません。
最初に設定されているキー配置でプレイするしかないのです。

そうすると、右手でマウスを持ちながらASDで移動、スペースでジャンプ、シフトキーでダッシュ。
これでもう手一杯です。
先程ダッシュでノーダメージプレイが可能と書きましたが、
自分もキーボードで操作したらできる自信はありません。

ついでに移動キー2連打でダッシュとかもありません。

こういう点ではプレイに非常に難有りでもあります。

まとめとアップデートでの救済措置



まとめるとエロCGのクオリティは非常に高くアニメーションもするので、
Mretsis氏のイラストが好きという方には勿論オススメ。

またガンアクションゲームが好きな方も満足できるかと思います。
私はできました。このゲームの銃方面はかなり拘ってます。

ただそれを享受するための操作性はお世辞にも良いとは言えないので、
プレイするならゲームパッドにキーを割り当てるツールがあった方が良いです。

またこのためか、発売から2日後のアップデートにて以下の救済措置が追加されました。

1.HP固定モード
説明だとHP固定と書いてありますが、敵の攻撃が一切当たらなくなります。
当然この状態ではエロシーンに移行できません。

また解除されるタイミングを視認できないので、
解除されてるかは敵の攻撃を食らってみるまでわかりません。

2.シーン全開放
クリアするとエッチシーン系統が全開放されるようになりました。
私はイベントスチルの方は全て取得していましたが、
アクションシーンでのエッチモーションも全て解放されました。

特に2つ以上持ってる敵は一部ランダムで発生するのでありがたいです。


因みにゲーム内容を見ると、本当にイドラの影。タイトルに偽りなし。