ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

サークル「煩悩ストラテジ」さんより2月26日に発売された
「紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた!~若妻の爛れた浮気生活~」の
ゲームシステムメインの感想記事になります。

実はゲームシステムのみで記事を作る気はなかったのですが、
プレイしてみると思いの外通常部分の出来が良かったので記事にしました。

因みにタグになっているふたなりは私がゲームを購入した目的で、
エロ感想の時には盛大に出てきますが今回出番はありません。

今回はあくまでエロ抜きのシステム感想です。

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

本作の舞台は「ライトブレイド・オンライン」というVRMMOです。
主人公の夫が開発に携わっており、その夫がこのゲームのアップデートのために海外出張するため、
その間に興味が出てきたゲームに触れてみよう、といったところ。

本作の特徴として、VRゲーム内と現実世界を自由に切り替えられる点があります。
現実世界では若妻の真白として、VR世界では夫が作ったテストアバターのマシロとして行動できます。

そしてこの「ライトブレイド・オンライン」には目的がありません。
あくまで紺野真白は仮想(以下略)のゲーム内の話に限っては、ですが。

現実のMMORPGもプレイを継続してもらうための仕組みはあります。

例えばストーリーを進める、
ダンジョンに潜り自己を極める、
物品を売買して億万長者を目指す、

ある程度の目標を用意しつつ、
それぞれをプレイヤーに合わせた目的を設定できるのがMMORPGの醍醐味です。

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

ただ本作の主人公はそういった内容とは無縁です。
MMORPG初心者であり、現実とは違う刺激を求めてちょっとログインしただけだからです。
故に目的としているのはどちらかと言えばサブキャラクターたちとのコミュニケーション。

何とは無しに一緒に冒険したり、
オフ会を開いてリアルで交流を持ったり、
マップ内でくつろいだり。

ダンジョンは初、中、上級と用意されていますが、
チュートリアルが終われば制限はなく自由に探索可能。
いきなり上級に挑んで即死することも可能。

一緒に冒険できるサブキャラクターは4人いますが、
全員ロビーをうろついているので誰を誘うかも自由。

自己の強化方法も自由。
いい装備を手に入れるも、スキルを買って強化を図るも自由。

そして堅実にプレイするか、性に乱れるかも自由。
ゲームとして「あっち方面」の機能も実装されているので
見抜きやアバターでの本番行為を持って援助を貰うこともできます。

いや婚姻してるんだからそんなことしちゃダメだろ!
なんて「何でこのゲーム買ったんだお前」っていう
私と同じようなスタイルの人も十分プレイ可能です。

プレイヤーによって十人十色のシナリオを展開できる。
正にMMORPG。

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

ちょっとした序盤攻略のお話。

このゲームには現実で使えるお金と、ゲーム内で使えるコインの2つがあります。
現実で使えるお金は主に1日の行動制限の緩和や課金に使います。

ゲーム内コインはまさしくゲーム内で装備を整えたりアイテムを購入するのに使うもの。
ゲーム内コインの稼ぎ方は

1.クエストをクリアする
2.モンスターを倒す
3.パーティーを組んで冒険し、青宝箱を開ける

の3つ。
これとは別にあっち方面の援助として貰うこともできますが、
一応システム上必須ではありません。

というのも援助の初期段階である見抜きをチップ無しで実行した場合、
1回につき500コインぐらいです。

対してパーティーを組んで冒険した場合、1宝箱800~900で
初級マップを探索するだけで1回で4000~5000稼げます。

また青宝箱は親密度も上がるので、作業的にこちらも重要です。
当然両方やればそれだけ効率は上がりますが、
売春縛りプレイするのも十分いけます。

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

戦闘システムは見下ろし型ARPG方式です。
因みにレベルの概念がなく、装備とスキルで自己強化をはかるシステム。

戦闘において重要なのは立ち位置で、
このゲームの攻撃は前方3マスと左右2マスに当たり判定があります。

敵の当たり判定は正面のみで、(タイミングが謎の場合もありますが)
基本的には敵の移動したい場所にプレイヤーがいるとダメージを喰らいます。

しかし先程も書いたように、自攻撃の当たり判定は敵の正面に立つ必要がありません。
また攻撃の度に敵はノックバックしますが、後方に壁があればその場で止まります。
加えてスーパーアーマーも(今の所)ないので、
モンスターを倒す時は壁にハメれば割と楽です。

【ふたなり】紺野真白は仮想空間で不貞の味を覚えた! 製品版 システム感想

このため倒すのに時間はかかりますが、初期装備でも中級までは十分立ち回れます。
更にパーティー組んで初級エリアを探索、コインを貯め、まずは最強の剣を購入しましょう。

間の武器は必要ないのかって?
最強武器が27,000コインで購入できるので十分いけます。
因みにHPが0になってもSPが残っていればすぐに復活できる仕様なので、
ゲームオーバーも特に気にする必要はありません。

最強の武器を手に入れれば中級も楽にこなせるようになります。
これでコインを稼いで防御も固めていけば、援助無しでも十分進行可能です。



以上のように、ゲームの趣旨と全く反したプレイも可能なゲームです。
若妻浮気RPGなんて道徳に反したゲームは嫌だ、
という「じゃぁこんなゲーム買うんじゃないよ」って人も、
好みのプレイスタイルが貫けるので試してみてはどうでしょう。

まぁ、イベント上浮気パラーメーターはどうしても0になりませんけど。


え? ふたなりがダメ?
若妻浮気レズふたなり……とてもニッチ。