ふたなりと戦闘エロが好きだから

ふたなり専門ってわけではないけど高頻度



【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

サークル「やまなし娘。」さんより、
2021年10月上旬発売予告作品「怪盗エフィー」の体験版感想記事となります。

商品説明に深く書いてはいないですが、ちょっとした戦闘エロありのRPG作品です。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

クリエイター情報



私が本作で一番興味を持ったのはクリエイターだったりします。

作者とされている「バイトの先輩」さんはサークル「とらいあんぐる」にて活動されていた方で、
くノ一椿」や「PrincessProject -プリンセスプロジェクト-」に関わられております。
こちらの二作も開栓注意先生の肉感たっぷりの絵柄が大変エッチでオススメ。

実のところ怪盗エフィーのゲームシステムはくノ一椿と殆ど一緒です。
ステルスキルや動物の変身能力がある辺り。

それ故に、前二作の売上をみれば本作の完成度にも期待が持てるところ。

イラスト担当「シツジ」さんもとらいあんぐるで活動されていた方ですが、
とらいあんぐるではイラストを担当されておらず、やまなし娘。の過去作でもだいたい作者クレジットです。

どちらかというとグラフィッカー担当だったのでしょうか。
かといって本作のイラストがどうかといえば見ての通り。
可愛らしくムチムチで高クオリティ。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

作品の世界観



怪盗という題材に衣装もディーラー風であるためあまりそれっぽくはないですが、
一応変身ヒロインものに該当します。
タグつけませんけど。

主人公エフィーも普段は街の酒場で働くおとなしめの女の子。
しかし夜は怪盗に変身し『人助け』に精を出す。

このゲーム、怪盗が題材ではありますが完全な悪でなく義賊になります。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

エッチシーンの種類



そんなゲームのエッチシーンは種類が豊富。
・戦闘中のエロ攻撃
・雑魚敗北エロ
・ボス敗北エロ
・トラップエロ
・イベントエロ

といったところ。
戦闘中のエロ攻撃は言わずもがな(多分メインではない)。
雑魚敗北とボス敗北は、シーン自体は同じですが導入が違ったり。
トラップは触手に捕まったり睡眠ガスを浴びせられたり。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

あとこのゲーム、敗北以外に発情値が限界突破しても探索に失敗します。
この場合は家に帰って一人エッチに勤しみます。

ゲーム開始時点で性も知らなかった女の子がどんどんエッチになっていく。
素晴らしい。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

戦闘エロで服が破れる



本作には戦闘エロとともに服が破れるシステムが有るのですが、
その要因となるのはダメージではなくMPの方です。

言及はないですが魔法で衣装を生成している関係でしょう。
ダメージ依存だとHP回復により衣装も戻るなど不自然な点が出ますが、
MP依存にすると違和感は減りますね。

また戦闘エロはHP,MP両方にダメージが入るので、
敵の攻撃により衣装が破損する感じも味わえます。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

肉感的で可愛いイラスト



本作の肝、イラスト。
こちらは申し分なく。

キャラクターの造詣だけでなく塗りの質感もよく、程よく筋肉の乗ったムチムチさが感じられます。
また立ち絵やイベントスチル共に重さを感じられる胸の造詣が特徴です。

これはバイトの先輩さんが関わられた作品に共通するので、恐らく作者の趣味でしょう。
イラスト関係は総じて高クオリティで大変エッチ。

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

エロステータス画面



またエロステータス画面もあり、服の破れたエフィーの立ち絵と、
選択された部位のアップ画像が表示されます。

ぺろぺろがクンニとして、性器はなんでしょう。手マン?

【戦闘エロ】怪盗エフィー 体験版感想

まとめ



ゲームとしては遊びやすく、ステルスキルや戦闘回避用のシステムなど、
ストレスの感じにくい作風をしております。

イラストはクオリティが高く、
最初は性知識のなかったエフィーが次第にエッチなことに溺れていくような雰囲気もあり大変エッチ。

総じて期待の持てる作品です。

HOME
DLsiteリンク