ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【アナル】メタルガール 感想

【アナル】メタルガール 感想

サークル「肛門堂」さんより2022年02月02日発売の
スーパーヒロインモノ漫画作品「メタルガール」の感想になります。

作品としては、変身はしてないので魔法少女等の変身ヒロイン物ではないです

あとDLsiteの登録作品としては初作ですが、
前に高雄のアナル本書いてなかったっけ? と思って調べたらその人でした。

【アナル】メタルガール 感想

アナルが弱点の主人公



普段は普通のOL、依頼されればスーパーヒロインメタルガールとなって「怪人」を退治している主人公。
しかし過去に怪人から尻穴調教を受けたことがあり、尻が弱点。

初っ端から『任務に支障が出るから』と尻穴で一回イッた後、
疼きを抑えるための長大なディルドをアナルに挿入するというマニアックプレイ。

このときも処女なのに尻穴で散々達しなければならないということに
嫌悪感を持ちつつも快楽に流されず、それでもやらなければならないという葛藤が大変良いです。

【アナル】メタルガール 感想

戦闘力



能力としては大変お強く、腕の力だけで人型触手怪人に大穴開けられるほど。
故に敵に弱体化の液体をぶっかけられて拘束されるわけで。

そしてそれを振り解くために身体に思いっきり力を込めるわけです。

では問題。尻穴に弱点克服用の物体を入れている状態で力んだらどうなるか。
答えは簡単。大変エロいことになります。

【アナル】メタルガール 感想

弱点バレからの尻穴陵辱と丸呑み



そんな流れで敵に弱点がバレてしまい、ここから怒涛の尻穴陵辱。
からの、丸呑み。

敵の目的が主人公の力を奪うことであるための、
体内で肉体改造しながら喉と尻穴を開発していく形。

【アナル】メタルガール 感想

アナルがお好きなら大変オススメ



兎にも角にも、最強のスーパーヒロインの弱点が尻穴で、
最強なのに尻穴なんて弄られて戦えなくなってしまうさまは大変エッチ。

その尻穴開発描写も、巨大な触手が尻を鷲掴むように覆いかぶさり、
中をぶっといのが出したり抜いたり。
イボ付きが出たり入ったりと大変濃厚に描かれています。

喉は好きな人は好きだと思います。
特に喉が好きでなくても楽しめます。多分。

戦うヒロインの尻穴陵辱モノはいいぞ。