ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

サークル「ごんごろごん」さんより2021年07月10日発売の
「魔法戦士リリンセイバー」の製品版感想記事となります。

販売ジャンルは「動画」になっていますが、どちらかと言えばADVゲームです。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

あらすじ



全3話で構成されており、1話はピンクの方が敵亜人に凌辱される話。
2話はブルーの方が「ただの人間」に性的な検査をされる話。
3話は前半はピンク、後半はブルーが亜人に凌辱される話。

2話は変身ヒロインモノとしているなら好みが分かれるところか。
敵に操られた人間が魔法戦士を襲うとかならシチュエーションとしてわかるのですけど、
ゲスな役員がエッチな身体検査を行うって内容ですし。

そしてブルーの過去設定がやたら重い。

また3話はピンクをブルーが逃がすという展開になっているため
バディもの故の「二人同時に犯される」シーンはありません。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

3Dモデル



サークルさんの特徴は何と言ってもこの3Dモデル。
線が細いスレンダーな体型が目を引くデザイン。

作者さんがCi-enでも公開していますが、
「Triangle」の魔法戦士シリーズを彷彿とさせる体型です。

この体型が好きならもうそれだけで当たりです。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

作品概要



作品としてはテキスト進行形のADVゲームです。
ほんと、なんでジャンルが動画になっているのでしょうね。

基本的にはクリックで文字を送っていき、エッチシーンも基本はクリック進行。
一部のエッチシーンはアニメーションが挿入されます。

3DCG作品ではありますが、
リアルタイムレンダリングしているわけではないのでスペックも必要ありません。

アニメーションシーンでは4つのアングルを切り替えることが出来ますが
これも4つの動画を再生している形なので負荷も特になく。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

エッチシーン



本作のエッチシーンは対人型のみとなります。
ただ手マンやクンニ、バイブ等の道具を使うシーンも多いのでバリエーション豊富。

亜人という見た目屈強なモンスターが道具使いまくるのもこれはこれでシュールですが。

体位も正常位から後背位、2穴3穴などなど多数。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

個人的に気に入ってるのはアニメーションにおける表情変化。

ループアニメーションもピストンが単純にループするのではなく、
ピストン速度や女の子の身じろぎなど多様な変化が含まれています。

中でも我慢、歯を食いしばる、耐えられず喘ぐ、翻弄されるといった
段階的な表情変化がとてもよくできていて大変そそられます。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

アナル多め



あと商品説明に記載はないのですが、存外アナル攻めが豊富。
全話に一度は収録されており、特に2,3話は道具もチンポも回数多め。

惜しむらくはアナルパールなどはアニメーションしないことか。

【変身ヒロイン】魔法戦士リリンセイバー 製品版感想

まとめ



作品としては非常に丁寧に作られており、
3Dモデル、アニメーション共に質は高め。

3Dモデルの体型が気に入るのであれば間違いない作品。


問題点としては、アニメーションがループ部分にしかないので、
絶頂や射精、放心状態が(相対的に若干)味気なくなることか。

またアニメーション回想などはないので、
セーブ数の関係もあり再閲覧がちょい手間なところはあります。


作品から逸れますが、サークルさんのCi-enにて
別作品のループアニメーションやADVシーンが公開されているのでこちらも大変オススメ。