ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

サークル「KAMINENDO.CORP 」さんより「2022年05月14日」発売の同人誌
「まことに ざんねんですが ぼうけんのしょ8は消えてしまいました。」の感想記事になります。

このシリーズはおねショタをメインに続いてきましたが、
今回はシリーズ初のおねロリです。

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

シリーズ概要



魔王が勇者により倒された後の世界。
なんやかんやあって力をつけてしまったサキュバスたちに
少年たちが搾精されてエナジー・ドレインされて最終的には養分として吸収されるお話。

シリーズ全編通して妖艶なサキュバスと少年のまぐわいばかり。
※一部青年×ロリとかショタおねもあります。

サキュバスによる搾精行為等が好きなら捗るシリーズです。

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

ターゲット



今回のターゲットはシリーズ初の少女。
とはいえ設定としてはハーフ天使であり、戦士です。

またストーリーとしては6の続きに当たるので、
6を読んでいると一層楽しめるかもしれません。
※7は総集編に収録されたまた別の話です

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

6の時のターゲットであるハーフ天使の双子の妹であり、
兄を弄んだサキュバス達が今度は妹を毒牙に掛ける形。

おちんちんからのエナジードレインを主としてた過去作に対し、
本作は一物の形を成したサキュバス尻尾による凌辱を行います。

この描写が若干ふたなりに見えるのも特徴。

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

エナジードレイン



シリーズの伝統であるエナジードレインも健在。
特にこのシリーズのドレインは干からびて消滅するまで吸うというのが特徴で、
過去作では吸われたショタ達が跡形もなく消える描写もあります。

本作も同様で、中出しで思いっきりイカせた後、
エナジードレインで干からびるまで吸います。

ただ即死耐性をもっているため干からびた直後に復活します。
このため何度も何度も吸われていくような展開になります(画像はありません)。

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

シチュエーション



また今回は今までと異なりおじロリもあります。
どっかの領主であるデブおじとの変態セックス。

そしてそっからの悪堕ち。
詰め込んでますね。

列挙すると
・最初の敗北とエナジードレイン
・おじろり → 悪堕ち
・テイルボア → 消化(消滅)
・テイルボア → サキュバス転生

があります。
今回値段が高いなと思ったのですが、「当サークル作品比で3~4冊分のボリューム」の記述を見て納得。
因みに商品説明に100ページの大ボリュームとありますが、
世界観説明の部分も含むで漫画部分は70ページぐらいです。

【漫画】ぼうけんのしょシリーズ 8 感想

おすすめどころ



お姉さん二人にサンドイッチされて両穴犯されてるところは
普通のエッチシーンとして大変良い感じ。

アブノーマルなものでは尻尾から丸呑みされている描写が結構そそられます。
リョナ好きにも良いかもしれませんね。