ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【その他】COSBITCH 感想

【その他】COSBITCH 感想

エロ漫画を読む時どこを見ますかと。
女の子の可愛さは当然として、レズやふたなりでない場合、
私はどちらかというと男の方を重視します。

汚っさんやキモデブとか貴族デブも人気はありますが、
個人的に女はイケメンに犯されてるのが好きな趣向です。

そんなわけで今回は
エッチシーンでイケメンを見たいならこのサークルさん、
「Marked-two」のスガオヒデオ先生の布教回です。

まぁ直近でデブ男を描いてたのあるんですけどね。

サークル説明



DLsiteの一番古い作品を見ると2009年08月21日発売になっているので
もう10年以上活動されているサークルさんですね。
流石に当時とは絵柄が全然違いますけど。

サークルの傾向としては凌辱とかNTRとか不倫とかが多め。
純愛モノは殆どないのではなかろうか…。
純愛とはちょっとズレますけどアークナイツとかFGOの本ぐらい?

アークナイツはある意味強姦ですけど。
イケメンのセックス本見たい方にもオススメ。

それ以外ではイケメンチャラ男に寝取られる作品とか好きなら大変オススメのサークルさん。

その中でも自分がスガヒデオ先生を知ることになった作品、
「COSBITCH」をメインに魅力のお話を。

【その他】COSBITCH 感想

COSBITCH概要



COSBITCHはDLsiteでは2018年07月14日発売の作品。
正確には前年の冬、コミックマーケット91で発行された同人誌のDL版ですね。

内容はスワッピングモノで、2組のカップルが互いのパートナーとやっちまうってお話。
ただ他の著書が不倫とか寝取ってるのと違って
本作は(片方の)両思いのカップがマンネリ打破のためにスワッピングしてるようなもので、
最終的にちゃんと元に戻るというかより熱愛になるような展開です。

そういう意味では後味悪くならないという点で一般の方にもおすすめ。

【その他】COSBITCH 感想

COSBITCH内容



COSBITCHは同人誌即売会で本を頒布している彼氏とコスプレイヤーの彼女の物語。
画像左の黒髪が彼氏。
右は彼氏の友人にして他作品で女を寝取りまくる(未来が待ってる)チャラ男くん。

その下がコスプレイヤーの彼女で、今回は島○のコスプレ中。
男はカッコよく、女の子は可愛く。最高ですね。

因みに後で鹿○のコスプレも出てくるのですが、
私がこの本を見つけたのは本物の鹿島本を探してるときだったりします。

【その他】COSBITCH 感想

そしてチャラ男の彼女(というかセフレに近い)もう一人。
なおこの女もチャラ男の同類であり、アレな言い方をすればヤリマン。

そしてこの方はシャッターサークルの主である。
エロ方面で人気なサークルの主がヤリマンの女性。
なるほど自然。

というわけでノーマルカップルのお二人と遊び人同士のカップルが一つ屋根の下。
何も起こらないはずもなく。

【その他】COSBITCH 感想

ストーリー



話の導入としては彼氏くんは最近マンネリ気味で勃たなくて彼女ともご無沙汰。
とはいえ創作活動もしなければならないけど、マンネリにより筆のノリも悪い。

そのため友人の彼女にアシスタントをして貰っているものの、やはり筆は進まない。

エロさというのがよくわからなくなってる今、
どうやってエロいものを描いたら良いのかと。

【その他】COSBITCH 感想

ならば資料を撮らなければならないと、
友人の彼女が鹿○のコスプレをして被写体になってくれたわけで。

しかしそこはエロサークルの主。
撮影するのは普通の構図だけでいいのか?
本気でエロい本を描きたいならもっともっと撮るべきものがあるだろう? と。


ところでこの画力を見て欲しい。
細かい衣装造形に肉感たっぷりの身体つき、
緻密なトーンと素晴らしいの一言。

【その他】COSBITCH 感想

で、まぁ途中フェラとか挟むんですが、色々あって合体!
エロ漫画家は時に本能に従って筆を執るべきものだと。

因みにヤリマンの側からしたら『計画通り』って状況ではある。

【その他】COSBITCH 感想

対してそれを見ていたチャラ男と島○コス彼女も合体。
セックスレスだった彼氏と彼女はパートナー以外とのセックスに凄く興奮していくという状態。

【その他】COSBITCH 感想

で、最終的にこうなる。
彼女が他の男にぶち込まれて喘がされてるのを見て、
自分も友人の彼女と合体して中出し決めまくったのを経て、
男は何かに覚醒。

この興奮をエロ漫画にしたいと一念発起。
ハッピーエンド。

【その他】COSBITCH 感想

多分作者さんの原動力



というわけでこの本、最終的な部分を見ると倫理感どうなっとんじゃいって展開してますけど、
このパートナー以外とのセックスがすごく興奮するって部分が
スガヒデオ先生のエロ漫画を描く源なんだと思います。

なのでそういう作品が好きな人に大変おすすめ。
男が凄くカッコよく、女の子も凄く可愛く、
画力も高くて大変おすすめ。