ふたなりと戦闘エロが好きだから

ふたなり専門ってわけではないけど高頻度

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

サークル「黒水銀」さんより2021年08月24日に発売されました
「トイズラバー」の製品版感想記事となります。

全体の流れや私がこの作品で気に入っている部分である「ツッコミどころ」に関しては体験版記事をご覧ください。
製品版でもだいたい変わってません。

【ふたなり?】トイズラバー 体験版感想

バグの多さ



さて本編に入る前に、このゲームをプレイする上での注意点を指摘して置かなければなりません。
それはバグの多さ。

発売当初はダウンロードに失敗したのか、製品版の圧縮に失敗したのか判断できませんが
『体験版に比べて』ファイル数がかなり少ないという自体になっていました。

これによりOP後の『最初に学園に向かう』段階で画像が足らず進行不能になるというとんでもないバグがありました。
現在ダウンロードできるものは問題なく動作しますが、
果たしてあのファイルの少なさが本当にダウンロードの失敗に起因するのか、
それともサイレント修正されたのかはわかりません。

因みにダウンロード容量は900MBあるのですが、Win版とMac版が一緒に入っているので実際のゲーム容量はその半分です。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

もう一つの問題が『翻訳されない部分の多さ』
このゲームはツクール作品としては珍しく言語選択ができます。

言語選択ができるのですが、言語選択の機能しないところが非常に多いです。
何故機能しないかは、プログラムをやっている人ならわかるかと。

問題はシナリオの重要な部分だったり、
エロシーンの途中でも容赦なく母国語になってしまうので、場面によってはかなり盛り下がります。

当然、外国の方が作られたゲームの翻訳になるので、日本語的に色々間違ってる部分も多いです。
このためシナリオについてはかなりフィーリングで読む必要があります。

故に作品に没入できるかはその人次第です。

因みに日本語化するためのファイルはテキストエディタで開くことができるので、
シナリオの日本語訳を別途確認すること自体は可能です。



あと体験版記事で指摘していたアダルトグッズの販売に関するバグですが、
シナリオを進めると『自動販売』と『手動販売』を選択できるようになるので
バグの被害という意味では問題なくなります。

バグ自体は残ってますけど。
あと切り替わるタイミングに説明がないのでいきなり販売方法が変わったように見えます。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

製品版部分のゲームシステム



ゲームの本題は60日の経過。
これは体験版の頃と全く変わっていません。

また『経費』というものがないので、経営シミュレーション的なゲームオーバーは多分ありません。
アイテムにコストが設定されていますが、あれは恐らく素材の値段です。
作る際に加工費的なコストは掛かりません。わかりにくい部分ですけど。

で、何をやるかと言われればアダルトグッズを作成してのヒロインの好感度上げ。
ただこちらもほぼ初期生産可能なアイテムのみで事足ります。

それどころか高いコストを払って作成するアイテムが、好感度の上昇にどれほど有利になるかわかりません。
ぶっちゃけ初期の安いアイテムを50個ぐらい生産すれば個別エンドに分岐可能な好感度は取得可能です。

唯一新しいアダルトグッズを作る必要があるのは、
グッズに合わせたエッチシーンが再生されることがあるためです。

シーン回収をしたいなら必要。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

この作品のオススメできるところ



ではバグが多くてまともにプレイできるか怪しく、
経営シミュレーション的面白さもないのであれば、いったい何を目的にプレイするのか。

それはズバリ、イラスト。というよりイラストのみが救い。

実際のところ、この絵柄とクオリティでガチのふたなり作品は滅多にないです。
どれぐらいガチかというと、エッチシーンのふたなり率は10割です。

主人公(女)とヒロイン(女)のレズシーンは一切ありません。
全部ふたなりです。

一応断っておきますと「レズシーンがない」については
「ふたなりはレズではない」という私のこだわりです。
世間一般的に言えば全部「ふたなりレズ」です。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

エッチシーンの内容も
・フェラ
・パイズリ
・足コキ
・ふたなり攻めのSM
・正常位
・騎乗位
・後背位
と豊富

そして全てラブラブエッチになります。
女性主人公(ふたなり)と女性ヒロインの純愛モノってだけでもかなり貴重です。

ただ断っておきますが、エッチシーンをオカズとして使うのは難しい状態です。
言語がいきなり変わるため。

絵とシチュエーションだけでOK、という方には合います。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

ふたなりになっている理由



魔法もない作品で何故普通の女性である主人公がふたなり化するのか。
これは主人公の能力でアダルトグッズに神経が繋がり一体化するからとなり、
ふたなりといいつつも元々はただのディルドです。

理由についても商品説明では「不思議な力を持っており、どうやらアダルトグッズと関係しているようだ。」
となっていますが、ゲーム内だと何故不思議な力を持っているかは明かされていません。

エッチシーンにて仮設を立てる部分はあるのですが、
「説明しよう」のあとの台詞が母国語になるので不明です。

一応翻訳テキストを見ると
「主人公の性欲がめっちゃ強くて、主人公が女の子と交わりたいと思ってるから」となっています。

が、これも仮設なので正確には不明です。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

総評



ゲーム部分だけを見ればかなり粗雑な完成度になります。
正直まともにプレイできないほどにはバグが多いです。

言語バグだけならまだしも、調べると進行不能になるバグもありますので。

対してイラストとシチュエーション面はかなりの高クオリティ。
昨今よく見るふたなりの快楽で壊れていくヒロインなんてものはなく
ふたなり主人公とヒロインの純愛ラブラブものです。

設定に色々突っ込みどころはありますが、これだけでかなり貴重な作品になります。


で、まぁ本来ならここで終わるのですが、正直自分が思ってたより売上が奮ってないのですよ。
ふたなり好きが絵買いしても「絵だけ」は正解の作品ですからね。
バグの多さから仕方ないとも思いますが。

そんなわけで、以下にシナリオのネタバレ込みでキャラの感想を書いていきます。
読んで興味を持った方は是非買いましょう。

寧ろ興味持てなくなりそうな書き方をしているのはただの私の癖です。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

紀井 言璃(きい ことり)



主人公の幼馴染で男性恐怖症の少女。

家が『頂天宮』というお寺を経営しているとなっていますが、
これは寺と神社がかなりごっちゃになっています。
まぁ文化的な違いや翻訳の関係はありますけどね。

このお寺というのが生殖器崇拝を行っているところ。
※実際日本にも生殖器崇拝の寺はあります。

故に寺の中に男根を表現するものやグッズなども販売しています。
あと御神体がネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲。

ルートの本題は寺の取り壊しの阻止。
参拝客を集めて取り壊し反対署名を集めよう。
その過程で言璃の男性恐怖症を解消しようといったお話。

因みに攻略中に主人公が愛を告白されて受け入れているものの、
個別エンドでは「ずっと友達でいよう」と話していたりする。

まぁ日本語って難しいですし。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

中田 つぼみ(なかだ つぼみ)



主人公の幼馴染で、いたずら好きで小悪魔的な女の子。
設定と性格の表現としては一番気に入ってる子。

ルートとしてはクソ親からの逃亡を図るために海外留学を決意したかたち。
因みに攻略途中でクソ親に「クソ親の意向に沿った海外留学」をさせられそうになり、
最終的にはクソ親とほぼ縁を切るような展開になります。

その癖個別エンドでは自分の意志で海外留学に行くことになっており、主人公も笑顔で見送るよう。
海外留学する理由がなくなってるのにといった疑問や、
好きな人が遠くに行くのだから止めるか一緒に行ってやれといった感想も。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

スラン=ジョンソン



昔一緒に遊んでたけど再開したらツンツンしてる子。

このゲーム全体のテーマである「アイドルがアダルトグッズを売る」
というツッコミどころ満載の設定に一番関わってるシナリオ。

他の場面では主人公が「アイドルだからエッチなことはしていけない」旨の発言をしているのでどっちだよと。

因みにツンツンお嬢様らしいキャラ付けをされていますが
エッチシーンになるとふたなり主人公に無理やりされて従順になってしまうM属性持ち。

【ふたなり】トイズラバー 製品版感想

最高のハーレムエンド



さて60日が経過した段階で個別エンドへの分岐があるわけですが
三人全員分岐可能な状態にしているとハーレムエンドになります。

しかもふたなりセックスで全員妊娠させるという素晴らしい展開。
因みにこの時のふたなりチンポはディルドの一体化ではなく本物の男性器です。
※ただしエッチシーンはない

更に個別エンドではその後の展開が非常に謎な終わり方をするのに対し、
ハーレムエンドはちゃんと責任取ることを決意して終わります。

素晴らしい。
女性が女性と愛を育み確りと未来まで繋がっていくエンディング。

このエンディングがあったからこそ、DLsiteでの評価を上げることができたというものです。

というわけでふたなり純愛ものが好きな方は是非やりましょう。
最後までプレイできるかの保証はできかねますが。



HOME
DLsiteリンク
検索
検索
管理人
管理人:すばこん連絡先:takenoya2.miti
あっとじーめーるどっとこむ