ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

楽園のアルテミスの戦闘エロ部分に特化した記事です。
全体の感想等には(少し触れますが)期待されませんようお願いします。

また作品全体の傾向としては戦闘エロ特化の抜きゲーではなく
シナリオと世界観重視のRPGゲームです。

また過去作のスピンオフに当たるので、
終盤の展開などで一部前作プレイ者向けの話があります。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

戦闘エロの始まり方は2種類あり、マップ上で罠に捕まった場合と一部の敵は戦闘中に。
マップの罠というと他のサークル作品ですが「念動少女セーラースプレンダー」を思い出します。

ただあちらと違って完全に不可視な罠ではなく、常に見えてる状態です。
完全に避けられない場所にもないので一切引っ掛からずにプレイすることもできます。
ついうっかり踏むこともありますが。

また戦闘中に罠から脱出することもできますが、
罠から始まった戦闘中のみ敵が再度罠を仕掛けてくる場合があります。
因みに犬の敵も再度戦闘エロに移行する場合がありますが、
この場合は流石に罠のグラフィックは出ません。

と書いたのは良いのですが、実際のところ通常戦闘から戦闘エロに派生するかは判断できていません。
こう書いてる理由は作者さん自身が戦闘エロの開始条件が罠に捕まることと明言しているからです。

このゲーム、レベルを上げると通常戦闘ができなくなるので。
序盤は通常戦闘で戦闘エロが発生しないのですが、淫紋の侵食度で発生するようになるか不明。

このためレベルが上がると自分で罠に突っ込む以外、戦闘エロをやるすべがなくなります。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

戦闘エロを仕掛けてくる敵は7種類ぐらい。
内4種が罠からで、3種は戦闘からの移行です。

ただ双方通常攻撃の頻度が割と高く、
特に後者に至っては戦闘エロ開始までも運なので割りかし「待ち」が発生します。

この点は罠から始まってエロ攻撃しかやらなくなるセーラースプレンダーとの違いですね。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

戦闘エロのバリエーションは体位が2種、拘束方法が数種。
やることとしては基本的に前に入れるか、後ろに入れるかの違いです。
前後どちらかに入れている状態で数ターン攻撃されると射精されます。

また一部の敵には胸を揉んだりキスしたり、といった行動がありますが、ぶっちゃけ頻度が低いです。
尿道に侵入されることがあるのですが、私は一回しか見たことがありません。
しかも○尿する前に敗北して戦闘が終了しました。

またエロ攻撃の頻度は主人公のHPが0になった場合、強制的に発生するようになります。
ただ0にできるのは2回だけです。
しかも0になった後に相手が射精したらエロ攻撃が終了するため、運が悪いと即終了します。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

主人公は淫紋をつけられ、更に淫紋の侵食度や開発度が一定値を超えたり一部行動を繰り返すことで
性技やバッドステート、性知識などを習得します。

ただ、性技は戦闘エロにあまり関与してきません。
なんか自動的に発動して使用回数だけ増えていきます。

バッドステートに関しても殆どステータスが下がるだけです。
陰核肥大というスキルの説明に「効果:陰核が露出する」とありますが
仕組みの上でなにが変わっているかは判別不能です。

異種性愛という刻印が増えると「毎ターン20%の確率で行動不能になる」とあるのですが
そもそもこれを習得した時点で1ターンに快感値が50ぐらい増えるようになっているので
2ターンで即絶頂、1ターン行動不能になります。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

そんなこんなで、戦闘エロとしての仕組みとしては悪いのではないか?
と思われるかもしれませんが、このブログのタイトルを思い出してみてください。

ふたなりと戦闘エロが好きだから

このゲームの戦闘エロは「ふたなり天使に犯される」というパターンがあります。


ふたなり天使に犯される


のです。これはもう買うしかないですね。
因みにふたなり化して搾られるパターンはありません。

という私の趣味全開の購入理由はさておき、
敵である天使の中に雑魚として登場する下級天使がおり、
これがふたなり化してズコバコしてきます。


あと上級天使に名有りのキャラが居るのですが、
こちらは戦闘中にエロ攻撃をやってくることはありません。

ただイベントでふたなり化して陵辱してきます。
素晴らしい。

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

以上に書いたように、作者さんが作品のタグとして「女主人公 少女 ファンタジー」しか登録してないのですが、
全体のエロシーンの傾向は百合、レズ、ふたなりも結構あります。

というか最初のエッチシーンが女同士でお風呂でイチャイチャするやつですし、
仲間の3人の女の子は全員ふたなりにできます。

また売春ができますが人間の男性に突っ込まれるのは娼婦エンド以外にありません。
敗北エンドにしても基本的にはモンスター娘に該当する相手で一人はガチレズです。

正直購入前は全く予想してなかったのですが、作品内容は百合レズふたなり寄りです。
最高ですね。



しかして看過できない問題点が2点あります。
一つは性技やバッドステータスの習得条件が今一わからないところです。

というのも尻に対する責めをしていなくても尻系の性技が入手できたりしますし、
刻印のステートはあくまで侵食度が関係しているらしいので、
被虐願望というステータスも売春イベント中に習得したりします。
(私のプレイ方法の問題かは不明)


またフラグがちゃんと処理できてないのか
エロイベント中に別のイベントのスチルがフラッシュバックしたりします。


他、誤字や設定ミスが結構多いです。
例えばエロステータスの「処女を捧げた相手」の部分に「273」というモンスターIDが入ったりします。
モンスター名は下級天使なのですが、戦闘エロ中のセリフも「下級天使」と「273」が混在していたので
何らかのタイミングでキャラIDが参照されているっぽいです。


あと致命的なのが戦闘エロに置ける膣と尻のセリフの誤爆。
これは必ずどのキャラでも発生するもので、
尻に挿入していても「膣の柔らかさを堪能している」と出ます。
お前は尻をハメているのではなかったのか?

【戦闘エロ】楽園のアルテミス 戦闘エロ感想

以上のように、ゲーム自体の完成度が若干低い印象を受けます。
2月にアップデートすると言っているので、それ込みで発売に至ったのかもしれません。

戦闘エロに関してもちょっと残念な部分は多く、
ふたなり天使の戦闘エロという部分だけで購入を決意した自分でももう一手欲しいところ。

というかjson見るとフェラ攻撃って項目があるんですけどセリフが未設定なんですよねぇ…


何にせよ、絵柄が気に入ってふたなりや百合、レズが好きなら買って損はないです。
体験版やって現状に不安がある場合は2月まで待つのも手。