ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

サークル「ルフトソフト」さんより2022年02月12日発売の最新作
「先輩と不思議なダンジョン」の製品版感想記事となります。

因みにこの記事、エロシーンやプレイ内容については殆ど触れません。
ぶっちゃけた話、私がそれを目的として購入してないからです。

話していくのは主にカスタマイズ要素になります。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

ストーリー



ストーリーとしては、淫魔の住む島の探索に向かった先輩(恋人)が戻らないため、
先輩を探して同じ島を探索する形。

ストーリー上何も説明されませんし、誰も言及しませんが同性愛カップルです。
ついでにボス敵も全員女性であるため、異種姦以外のエッチシーンはレズオンリーです。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

ゲームシステム



ゲームシステムはダンジョンに入る度、階を跨ぐ度にマップが変化するローグライク系。
ただよくある1アクション性のモノと違い、本作は完全なるアクションゲームです。

このため攻略法を考えるよりプレイヤーのテクニックでどうとでもなるスタイルです。
また難易度は(個人的には)低いと感じたため間口は広いと思います。

というかゲームシステム上、武器は槍が最強で槍振ってればクリア可能です。
また回復スキルもクールタイム性なのでガンガン使えます。

よってローグライク系の作り込まれた難易度とは無縁です。
だからこそ万人が遊びやすいと言えます。

以上、ゲームシステム系の話はおしまい。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

髪色変更機能



ここからカスタマイズ要素のお話です。

まず操作する主人公は青髪なのですが、髪色を自由に変更できます。
これは立ち絵、イベントCG両方に反映されます。
※バグで一部反映されないスチルがあります。

ただUIで表示されるのはRGBスライダーだけですが、処理方法は『元の青髪の色味を変更する』形式です。

このため色の合成方法を知らないと思い通りの色を作りにくいとは思います。
私は白髪が良かったので、上記SSのように調整しています。
これでも青みが少し残っているので、完璧な白にしたい場合はもう少し赤を加えると良いです。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

推奨どころか基本全裸プレイ



して、ローグライク系のゲームはダンジョンに潜る時、防具を持っていけない場合が多くあります。
このゲームでもそれは同じで(レベルの初期化はありませんが)、
ダンジョンに潜るときは装備を全部外した状態でないとなりません。

つまり全裸です。
ダンジョン突入時は全裸でないといけないのです。

ダンジョン内は当然全裸ですが、突入前の町中で全裸になる必要があるため、
このゲームは四六時中全裸徘徊できます。

故に女の子の立ち絵が表示されるRPGで全裸徘徊が好きな人にはうってつけの作品です。
なお(最初期以外)羞恥心系のイベントはほぼありません。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

豊富な防具装着部位



本作を評価する上で欠かせないのは装備品と装備部位の多彩さ。
例えば防具は上半身や下半身、パンツや靴などの計9箇所に装備可能。
これが全て立ち絵に反映されます。

衣装の数も50種以上とされており、様々な組み合わせが可能です。
まぁとは言え、衣装一式で言えば5種ぐらいなのですけどね。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

コーディネート例としては、カジュアルな着こなしをしてみたり


【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

生脚を惜しげもなく曝け出した、いかがわしいお店で働くような装いもできます。
どんな格好をするかはプレイヤー次第。

でもダンジョン潜るときは結局全裸じゃ?
というと、ラストダンジョン以外は特定の方法で装備持込可能になります。

また全裸にならなくていいフリー探索マップも存在します。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

裸〇〇が好きなら



で、個人的このゲームの最大評価点。
好きな衣装を組み合わせられるということはつまり、特定部位を装備しない選択肢もあります。

また衣装によりステータスが変動するものの、
レベルを上げてプレイヤースキルで補佐すればいいシステムであるため
外見は自由にしても問題はない難易度です。

故に裸〇〇プレイをやり放題です。
例えば裸ローファー、裸ブーツ、裸コートなんてのも思いのまま。

裸〇〇ロールプレイをしたい人にうってつけのゲームです。

【その他】先輩と不思議なダンジョン 製品版感想

まとめ:着せ替えが凄く楽しい



ゲーム全体で見るとボリュームが少ない等の問題はありますが、
それを覆して余りある着せ替えの楽しさと、
ゲームを彩る美麗グラフィックによる百合百合エッチな雰囲気があります。

着せ替えが好きで同性愛に問題なければオススメなゲーム。