ふたなりと戦闘エロが好きだから

主に同人ゲームのふたなりと戦闘エロに関する感想を書いています。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

さて、2020年10月30日に発売されて、発売直後からなんか凄い売れてた
サークル「U-ROOM」さんの「Pray Game」の戦闘エロのみの感想記事になります。

全体の感想記事を書いても今更ですからね。
このブログらしく、戦闘エロ特化です。

では何故戦闘エロを扱うブログなのに発売時に購入しなかったかというと、
「体験版時点での戦闘エロが大してエロくなかったから」

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

戦闘エロの仕組み



戦闘エロ自体は敵が確率で拘束攻撃を行い、立ち絵が変化するオーソドックスなもの。
特徴として敵に発情状態があり、発情状態であれば拘束やH攻撃の確率が上がります。

また敵を強制的に発情状態にさせる攻撃があるので戦闘エロを誘発しやすい仕組みになっています。
というのもこのゲームはエッチな経験が強いスキルを取得する条件になっていたりしますからね。

また拘束と挿入は別であり、拘束したままH攻撃というパターンもあります。
拘束からの脱出も自分で抵抗するのではなく、
このゲームの場合はセルという味方の行動で行います。

拘束された場合、自分自身は一切行動できないので、
無理やり犯されている感じが強く出てていいですね。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

挿入は膣とアナルがあり、こちらは完全ランダムです。
※味方の装備にどちらかを誘発させやすくするものがあります。

挿入後に数ターン経過で射精。
この際立ち絵もぶっかけられたものに変化します。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

またクリティカル絶頂というものが存在し、発生条件は膣挿入状態での絶頂っぽいです。
これが発生するとスチルを使った絶頂演出が入ります。

ただ発生条件の関係上、アナル挿入状態ではクリティカル絶頂が発生しません。
両穴の場合は発生するのですけどね。

あと一応全ての敵にCGは用意されていますが、主人公のイラストは全敵共通です。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

戦闘エロの関連装備



主人公ではなく味方側に存在します。
まぁ味方と言っても主人公の一部ではありますけど。

効果としては、膣挿入、アナル挿入どちらを誘発するか。
拘束攻撃で顔が隠れる場合、そのモンスターを半透明にする(といっても効果があるのはゴブリンのみ)
強力な発情エネミーを出現させる、など。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

戦闘エロの種類



拘束攻撃を行ってくるエネミーは全部で7種類。
人型モンスター2種
触手2種
人間2種
大人の玩具1種

この内、人間2種は同じダンジョンに登場する敵となっています。
他は1ダンジョン1種。

バリエーションとしても
ゴブリンの群がり、巨大なオークに抱えあげられる、人間相手は騎乗位と後背位と
スチルイベントも結構な種類があるのに加えて、立ち絵変化も種類が多いです。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

戦闘エロの発生タイミング



さて個人的にちょっと気になったのが、戦闘エロの発生タイミング。
このゲームのダンジョンは9種あります(厳密には10種)

ただこのダンジョンの全ての敵がエッチ、ないしは拘束攻撃をしてくるわけではありません。
基本的にはする敵、しない敵のダンジョンが交互になります。

触手の1種はラストダンジョン一歩手前ぐらいのタイミングで、
ボリュームのある作品なので、ここまで数時間はかかります。

戦闘エロを全種堪能しようと思うと結構腰を据える必要があります。
まぁ一番低い難易度であればそこまで苦労はしません。

あと「大人の玩具」を使う敵はダンジョンのモンスターではなく、
そっち系の店が並ぶ地下街の迷路に登場する敵さんです。

こちらはある程度進行すれば挑戦可能。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

バッドステータスの関係



戦闘エロに直接関わってくるのがバッドステータスの取得。
取得方法はシステム的には色々あるのですが、取り敢えず戦闘でエロいことしまくってればOKではあります。
※処女でもバッドステータスは習得できます。

種類はすぐ発情したり、オナニーしてないと能力が下がったり、絶頂するとHPが0になったりと様々。

【戦闘エロ】Pray Game 戦闘エロ感想

総じて思ったより豊富だった



というわけで、Pray Gameの戦闘エロ内容をまとめてきましたが、
総じて自分が想像していたよりも種類が豊富だったことがあげられます。

何故今更購入したのかは、上記スクショの拘束攻撃を他のレビューサイトで見たからです。
目隠し拘束で淫具プレイ。
体験版ではゴブリンしかなかったのが、製品版では結構多いのだろうか?

と興味をもって調べたところです。
結果はご覧の通り。
因みに目隠しなしの場合もあるので、立ち絵パターンはかなりあります。

戦闘エロで個人的に気に入ってるのはオークに抱え上げられてるヤツですね。